うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 10代の物忘れ事情や原因、対処法

10代の物忘れ事情や原因、対処法

10代は、多少の物忘れがあっても「若いから大丈夫」と思いがち。しかし近年、物忘れが多い10代の若者が増えています。その原因や対処法についてご紹介します。

10代はとても大切な時期

人間のライフサイクルの中でも、10代の思春期は体が一気に大人へと変わっていくにも関わらず、精神はゆっくりと成長していくため、急激な変化に戸惑い、不安定になりがち。感情の起伏も非常に激しくなる時期でもあります。

情緒不安定になるのは性ホルモンのせい

思春期の脳は『負の感情』にとても敏感です。その分強いストレスや苦痛を感じやすくなります。そもそも思春期とは、子どもの体から大人の体へと性的な成熟が起こる時期です。その変化を引き起こすのが、大量に分泌される「性ホルモン」。この性ホルモンが体だけでなく脳にまで入り込み、細胞の興奮で生まれた感情が増幅され、感情の爆発が起こりやすくなります。

10代の激しい物忘れの原因

ストレスや苦痛を感じやすく、周りの影響を受けやすい10代は、様々な原因から物忘れをしがちになります。また、ストレスが過剰に溜まってしまうと、心の病につながる時もあります。異変を感じたら早めに医療機関に相談しましょう。

悪口を言うと物忘れをしやすくなる

思春期の頃は、他人と自分を比較しがちになります。学校でストレスが溜まり、つい誰かの悪口を言ってしまったという経験はありませんか?悪口を言うことでストレスの発散になると感じがちです。

しかし、人の脳は悪口を言ってしまうと、自分が攻撃されたとストレスを感じてしまいます。ストレスが溜まると集中力が低下して物忘れが多くなります。他人の悪口は控えた方が良いでしょう。

睡眠の質が悪くて物忘れをしやすくなる

10代に必要な睡眠時間は約7~8時間であるといわれています。これは、記憶の整理と応用の機能を働かせるために、脳を休ませることが必要不可欠だからです。しかし10代は学校、部活、塾など忙しい日々を送っています。その中で、深夜までテレビやスマートフォンを見てしまいがちです。また、寝る前に見てしまうと、脳への光の強い刺激が強いため、質の良い睡眠がとれず、疲れとストレスが溜まってしまいます。十分な睡眠をとって心と体の回復をするよう心がけましょう。

スマホ依存症で物忘れをしやすくなる

パソコンや携帯電話に頼って、脳をしっかり使って、記憶することが減ったために近年、若者の物忘れが多くなっていると言われています。考えたり思い出したりといったことを繰り返さないと、年齢に関係なく、脳は機能が徐々に低下していきます。

悪い生活習慣で物忘れがしやすくなる

10代は外見を気にしてしまい、無理なダイエットなどをして栄養が偏ったり、ストレスで食べ過ぎたりしてしまいがちです。成長期の10代はまだ身体が作れていないので、慢性的な疲労感が出やすく、記憶に必要な集中力が維持しにくくなります。不規則な生活習慣から見直すようにしてみましょう。

10代の激しい物忘れは、ストレスによるものが多いです。

このストレスを溜めてしまうと、大人になってからの記憶力低下に繋がってしまいます。生活習慣を改善させて物忘れを改善させましょう。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較