うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 20代の物忘れの特徴

20代の物忘れの特徴

そもそも記憶力は20代をピークに加齢とともに減退するものですが、20代から記憶力が伸び続けるとは限らないものなのです。

最近、20代の若者に「若年性健忘症」と呼ばれる症状の方が増えています。

モノが覚えられないなど、老人の認知症と似ているとされています。20代でボケ老人と言うと、未来がないように思えて不安ですね。ただ一概に一緒とまでは言えず、老人性の認知症は脳に何かしら障害などが起こっているとされる一方で、若年性健忘症は、MRIや脳波計では異常が出ず正常な値が出るのです。

記憶というのは認識したときから記憶されるまでの時間によって様々な記憶に分類されます。ご紹介しますと瞬時の即時記憶、数分から数日の近時記憶、数週間から数十年の遠隔記憶があります。若年性健忘症は、近時記憶が特に悪いとされています。

スマホが物忘れの原因になる

20代の若者がなぜ老人特有の認知症に似た症状が出てしまうのか?

それは、現代人に必須のツールであるスマホやパソコンなどのツールによったものも多いようです。特に欠かせないものとして、たいていの人が使用することが多いスマートフォン、これを頻繁に使っていることによって、脳に影響を及ぼすというデータも出ています。

こうした人が最近増えていて、「スマホ認知症」と呼んでいます。認知症を専門とする病院では、患者の20代や30代など認知症にならないような世代の受診がここ数年は増えていると言います。

脳が自然な状態をキープするのに必要不可欠なことは、常日頃情報を脳にインプットすること、その情報をインプットするだけでなく熟考することをバランス良くすることが重要になっていきます。

スマホによって脳へのインプットだけが多い状態になり、脳がオーバーヒートを起こし、脳の働きが正常に行われなくなっており、物忘れなどを引き起こす、老人と似た認知症などの症状が引き起こされてしまうというわけです。

病院に行けば治るか?

先ほど述べたように、20代に特に顕著なスマホによる物忘れがあります。これを改善するには、スマホを使わないといった簡単な対処で済むと思いますが、仕事や人間関係の構築のため、スマホをなくすわけにはいかないし、使う時間を制限するにも、一度やりだしたら歯止めがきかないなどなかなかうまくいかないケースもあります。

こうした時は、一度病院で検診を受けてみるのも手です。受診する診療科は、特定の機関が決まっているわけではないので、脳神経外科、神経内科、心療内科、精神科、最近は物忘れ外来を開設している病院もあるので、ご自宅の近くの医療機関をネットなどで探してみてはどうでしょう。その際に検索に依存していてはダメですが。

物忘れ専門外来では、患者と医師とで口頭によるテストから、今現在の患者の脳状態を調べるCTやMRIなど多種多様な検査を受けることが出来ます。

サプリメントを摂取して、物覚えを良くする

病院に行くほどの症状ではないという人は、まず漢方やサプリメントなどで物忘れが改善するか様子を見てみるのも一つの手です。特に、物忘れに効果のある脳の活性化や記憶力の向上に有効な「オンジ」という成分が注目されており、これらの成分が配合された漢方やサプリメントを摂るだけで物忘れを改善することもできます。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較