うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 注意力とは

注意力とは

集中したいのに他のことが気になり、物忘れやミスをしてしまうことはありませんか。ここでは、注意力散漫の原因を知って、注意力を高める方法をご紹介します。

注意力は、ある1つの事に集中しながらも、周囲にも意識ができる能力です。

注意力散漫と言われる方は気が散りやすく、周りの人の行動が気になってしまい、全く自分の作業が進まない状態にあります。

注意力散漫をしてしまう原因は何?

注意力が散漫してしまうことには様々な原因があります。

寝不足

人は寝不足になると、頭の回転が鈍くなり、選択的注意がしにくくなります。自分にとって重要なことを選ばず、代わりに必要でないことを行ってしまう可能性が高くなります。

心が弱っている

ストレスや疲れなどによって心が弱っていると、人や物事に過剰に反応してしまい集中することができなくなります。その結果、いつもより作業に時間がかかり、簡単なことでもミスが出てしまったりします。

心の疲れが進行してしまうと心の病になってしまうこともあります。違和感を感じたらすぐに医療機関に相談しましょう。

注意力散漫の改善方法

やることを書き出す

作業の計画を立てようにも、何をすればいいのか。どこから手をつけたらいいのか分からないことはありませんか。そんな時は、頭に浮かんだ作業を書き出してみましょう。書き終えた後に重要だと思う作業の順番と時間配分を決めて記載をするとToDoリストが出来上がります。その通りに行動すれば、自然と作業の計画が立てられるようになります。

ながら作業をしない

ながら作業をする癖がついている人は、集中力が途切れやすくなっています。また、ビジネスの必需品であるスマートフォンも、バイブレーションが鳴ったりすると気になってしまいがちです。見る時間を決めるなど、集中できる環境づくりをすることが大切です。

注意力を高める方法

散漫しがちな注意力を高める3つの方法をご紹介します。

暗記に挑戦する

文章を覚える作業は、意識を集中させないとできません。暗記は覚えることを重要であると集中させ、注意力を高めます。好きな格言や物語の一節など興味がもてる文章の暗記から始めてみましょう。

指差し確認の習慣化

指差し確認や復唱は、注意しないといけないことを習慣の中に入れることに繋がります。例えば、出かける前に携帯や鍵を閉めたかの確認や仕事のメールの送信内容確認など、ミスをしがちな場面で必ず行うようにします。始めは意識をしているものが、だんだん習慣になり注意力が高まります。

メモを貼り認知をさせる

習慣化には時間がかかるため、どこに注意を向けるべきか明確に示すメモ書きなどを、その行為をする際に見える場所に置くことも重要です。例えば、玄関のドアに携帯を忘れないという紙を貼ったり、仕事机の側にToDoリストを置くなど、自分がしなければいけないことを明確にします。

この様なコツコツとした積み重ねが、注意力を高めていきます。

注意力散漫の状態は誰にでもあります。少しミスをしても自分を責めすぎないようにしましょう。注意力が低下してきたと感じたら、今回ご紹介した注意力を高める方法を試してみてください。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較