うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » ボケ防止とココナッツ

ボケ防止とココナッツ

ボケ防止と食事の関係

認知症などのボケを防止するには、トレーニングや診察を通しての薬物治療などが必須のように考えてしまいがちですが、食事を効果的に摂ることによって、ボケ防止に効くことがわかってきました。

ココナッツがなぜボケ防止に効くのか?

ココナッツがなぜボケ防止に効くようになったと広まったかという、アメリカの小児科医、メアリー・T・ニューポート医師が2011年に著した「アルツハイマー病が劇的に改善した!」が発端だと言われています。もともと著書の夫が若年性アルツハイマー病にかかっていたことから、夫の症状の進行を食い止めようとして、ココナッツなどに多く含まれる中鎖脂肪酸の臨床試験をし、ココナッツオイルを夫の食事に加えると症状が劇的に改善したということから、広くココナッツが認知症予防に役立つと知られるようになりました。

ココナッツはアルツハイマーに効く?

ココナッツオイルは特にアルツハイマー型の認知症に効果があると言われています。アルツハイマーとは、ブドウ糖がうまく脳に送られなくなってしまう病気です。ブドウ糖は脳に欠かせない栄養素で、それが不足するとどんどん脳細胞が壊されてしまい、ボケが進行してしまう恐ろしい病気です。厄介なのは、ブドウ糖が不足しているのではなく、送られなくなってしまうことで、単純にブドウ糖を補充すればよいのでなく、送ることまで合わせて考えないとならない病気で、治療も高度とされています。

ブドウ糖よりココナッツが良い訳

ブドウ糖を摂取すればアルツハイマーが治療できると思ってしまいますが、そう簡単ではありません。ブドウ糖を摂りすぎると糖尿病など肥満につながります。ここでココナッツが効率よくアルツハイマーに効くということがわかりました。ココナッツに含まれるケトン体という成分が、ブドウ糖の代わりになるため、糖質を減らしてケトン体を摂取する方法が、健康も維持ができ、糖尿病など肥満に関する病気が予防でき、認知症など脳の病気の予防にもなる、スーパー食物であるとも言えます。

ココナッツをどうやって摂ればいいの?

ココナッツと言ってもあまり日本人には馴染みがない食材です。どうやって摂れば、またどこで購入すれば良いのかさえ分かりません。ココナッツオイルでもケトン体を摂取することができます。しかし、パンに塗って食べるのは良くないです。炭水化物と一緒に摂取すると、ブドウ糖が使われて効果が出ません。スープなどに混ぜるのは大丈夫で、一番効率がいいのは、コーヒーに、大さじ2杯程度を入れて飲むのが良いとされています。特に食事の3時間前などに摂取すると効率的だと言われています。

サプリメントを摂取して、ボケ防止する

ココナッツをどこで入手したらいいかわからない、コーヒーも好きじゃないし、食事に混ぜるのは大変そう。そんな方は。漢方やサプリメントなどでココナッツの代用をするという方法もあります。特に、ボケ防止に効果のある脳の活性化や記憶力の向上に有効な「オンジ」という成分が注目されており、これらの成分が配合された漢方やサプリメントを摂るだけでボケ防止を改善することもできます。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較