うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 認知症とは違うのか?

認知症とは違うのか?

ここでは、認知症や若年性健忘症と物忘れの違いについて解説しています。

これって物忘れなの?認知症なの?

物忘れと聞くと、「もしかしたら認知症かもしれない…」と不安に思ってしまう人も多いようですが、物忘れは加齢に伴う脳の老化現象やストレスなどによって起こっているため、認知症の症状とは大きく異なります。そこで、混同しやすい「認知症による物忘れ」と「老化による物忘れ」の違いについて紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

症状によって異なる「物忘れ」の違い

認知症によるもの

加齢によるもの

認知症による物忘れは行動そのものを全て忘れてしまうのに対して、加齢による物忘れは行動の中の一部を忘れてしまっている状態。物忘れであることを自覚しているところが最大の特徴です。

脳の病気である認知症の場合は行動そのものの記憶がないため、自分の思い通りにならないと突然怒り出したり情緒不安になったりするので、専門機関での治療が必要となります。

また近年は加齢による物忘れと似た症状で、20代から30代の若い世代に「若年性健忘症」という記憶障害が増加。現状ではどちらの症状も根本的な治療法というものは確立されておらず、対処療法によって症状を緩和させる治療が行われています。

老化による物忘れでも油断は禁物!

加齢に伴って起こる物忘れは正常な脳の老化なので治療の必要はありませんが、そのままにしておくと徐々に認知症などの病気に進行して行く恐れがあるため、早い段階で対処しておけば物忘れを改善することも可能です。

最近では、脳の活性化や記憶力の向上に有効な「オンジ」という成分が注目されており、物忘れ対策としてこれらの成分が配合された漢方やサプリメントで、これからの高齢化社会のために備えて予防している人が増えてきています。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較