うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 物覚えを良くするお手軽な方法

物覚えを良くするお手軽な方法

物覚えを良くする簡単な方法ってあるのでしょうか?

今回はいくつか物覚えを良くする方法をご紹介します。

物覚えを良くする方法

①スマホを使うのを控え、物覚えを良くする

物覚えが悪くなったのは、スマホの普及も一つあります。スマホで検索をかければすぐ答えが出てしまいます。なので、たいていの人は頭で考えることなく、すぐスマホで検索をしてしまうことによって、記憶力が低下しているということがあります。また、漢字変換に関してもスマホに頼れば、すぐ漢字候補が出てくるので、自分で思い出すという作業がそもそもなくなっていると言えます。

では、物忘れを良くするにはどうしたら良いか?スマホの使う時間を制限する、というのが一つ方法としてあります。普段、反射神経的に電車の座席に座ったらスマホをいじったり、朝起きたらスマホをいじったり、そういう習慣をやめ、使用時間を制限することで記憶を向上させます。

もう一つとしては、文字にして記憶に残すというのがあります。皆さんも経験があると思いますが、受験勉強など書くことで記憶に残すということがあったと思います。そのように、例えば日記をつけるまでしなくても良いですが、日々やった出来事などを、メモるだけでも記憶力向上につながります。

②普段行かない道やお店に行って、物覚えを良くする

脳の中の記憶を司る、海馬(かいば)と呼ばれる部分があります。海馬が活性化すれば記憶力が上がるのですが、活性化するには、空間的な情報による刺激が必要だと言われています。また、感情を揺さぶれる体験などをする強い感情が伴った場合、長く記憶が残ると言われています。

物覚えを良くするには、いつも使っている帰り道を違う道から行ってみる。そうすることで、普段目にする街並みが違っていると、視覚にはいる情報が変わり、脳の刺激につながります。

会社や学校の帰り道に、いつもの行きつけの飲食店に寄るのもいいですが、たまには冒険して違うお店などで食事などをしてみれば、結果おいしくてもまずくても、脳の記憶に残るので物覚えが良くなるのです。

③ツボを押すだけで、物覚えを良くする

生活スタイルを変えてまで物覚えを良くしたいと思わないけど、少しの時間を使うだけで物覚えを良くすることもできてしまいます。ツボを刺激することで記憶向上にもつながります。記憶向上にきくツボはいくつかありますが、特に頭の中心にいくつかあります。

四神総(シシンソウ)と呼ばれる、つむじから前後左右親指幅のところにある4つのツボのことで、文字通り「神」は精神の意、「聡」は聡明の意、つまり4つのツボで精神状態を落ち着かせ、頭をスッキリさせる効果のあるツボです。それら4カ所にあるツボを、毎日10秒ずつ押すのを3回くらい繰り返す。これだけでも物覚えを良くすることができます。

④サプリメントを摂取して、物覚えを良くする

基本的に自分の生活スタイルは変えたくない、スマホは常に使って最新のトレンドを知っておきたい、いつもと違う店や道を通るなど非日常な事は避け、いい意味でルーティーンな生活を続けたい。少しくらいは費用は出してもいいけど、できれば今までのスタイルを変えず、物忘れをしないようにしたいという人には、漢方やサプリメントなどで物忘れを予防・改善していく方法もあります。特に、物忘れに効果のある脳の活性化や記憶力の向上に有効な「オンジ」という成分が注目されており、これらの成分が配合された漢方やサプリメントを摂るだけで物忘れを改善することもできます。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較